電動昇降機を活用しよう~取り付けることで気分上々~

思いやりとリフォーム

教室の全景

高齢者が増える中、住宅でも高齢者が安全に快適に暮らせるものが、必要になってきているのです。そういった住宅環境を作るために必要になってくるのが、バリアフリーのリフォームなのです。若い人や健康な人には、住宅は危険な部分はないのですが、高齢者や体に障害がある人にとっては住宅の中にも危険なポイントが多いのです。 ここでは住宅のどういった部分を、バリアフリーさせれば良いのか紹介していきます。住宅のバリアフリーを目指すうえで大切なのが、取り付けられる場所に手すりを設置する事なのです。高齢者はバランスをくずしやすく、転んでしまう事により怪我をする事が多いためです。ですから転んで怪我をする前に、手すりを多くつける事が重要なのです。

特に手すりを多くつけた方がよい場所が、トイレとお風呂になるのです。トイレは便座に座る動作で不便にならない場所に、多く手すりを取り付けるリフォームが大切です。またお風呂では浴槽から出る時に利用する浴槽の横に、バーの手すりを取り付けるリフォームをすると良いのです。最近の浴槽は深さが浅く、浴槽の出入りが高齢者には大変なため、バリアフリーを目指す場合には浴槽の横の手すりだけでなく、お風呂の出入り口にも手すりを取り付けるリフォームをする事が重要なのです。 また段差をなくすリフォーム工事をする事も重要です。段差は玄関が一番大きい事が多いため、玄関と床の段差をなくす事が大切です。玄関が広ければスロープを利用すると良いのです。スペースがない場合には昇降機を設置したり、台を置いて段差を小さくすると良いのです。