電動昇降機を活用しよう~取り付けることで気分上々~

介護の為のリフォーム

案内をする女性看護師

玄関や部屋の出入り口付近など、ちょっとした段差でも足腰の弱い人にとっては少しつらいと思ったり、不便に感じるものです。最近に新築の家はお年寄りや体の不自由な方のためにバリアフリー化されたものがほとんどであり、また部屋のリフォームのときにバリアフリーに改築されるところも増えてきています。リフォームは安全性や快適性を重視します。段差をなくすほかも通路を広くするとか、浴槽内が滑りやすいのを直すとか、寝室とトイレを近づけるなど、体が不自由な人だけでなくても暮らしやすい家作りを目指してリフォーム計画を立てるリフォーム業者も多いと思います。介護を受ける側もする側も、苦にならない暮らしやすい家になることを目指してみてはいかがでしょうか。

リフォームの際には公的介護保険が適用されるケースがあります。公的介護保険が適用されるサービスは以下のとおりあります。「要支援」「要介護」と認定されると、公的介護保険をリフォームの際に申請することによって、公的介護保険が適用される場合があります。公的介護保険が適用されると利用者は1割負担でリフォームすることができます。公的介護保険が適用されるリフォーム工事は手すりの取り付け、段差の解消、浴室などの滑り止め、引き戸扉への取替え、洋式便座の便器の取替えなどがあります。以上の工事に伴う床下の張替え、配管修繕などの費用も適用されます。ただし改修工事の助成負担は20万円が上限とされています。「要支援」「要介護」の診断が3ランク以上上がった場合は新たに上限20万円上乗せされます。